旅行記13日目(2013年4月13日)


 昨夜は大変だった。

 同室のロシア人のオッサンが動き回る音で目を覚ます。
 昨夜は緊急で一泊、そして今日はこの宿に、さらに3泊予約する。昨夜の一泊とと今夜からの三泊は別の取り扱いになるので、いったん宿を出なければならない。今は公園のベンチでゆったりとこの日記を書いている。

 ここで、昨夜のバルセロナ到着について書こう。

 昨夜、バスで最後のサービスエリアに停まった時から、世界が少し変わった。標識等の表記が、カタルーニャ語なのである。その下にカスティーリャ語(スペイン語)が書いてあるときとない時がある。

 バルセロナのバス停に着き、しばらく歩いていると外人さんに呼び止められる。私の背中を指さして何か言っているのだが、カタルーニャ語のためなのか分からない。「分からん」とカスティーリャ語で言うと、外人さんティッシュを何枚か出して、私の背中を拭きはじめる。ティッシュにはなぜか、マヨネーズらしきものがべったり…

 そこでピンとくる。 あぁ、これは最近流行ってるらしい詐欺だ。

 体に(服に)ごみ・汚れがついている、と親切を装って近づき、金品を奪おうというもの。

 外人さんは言う、「その上着を脱いで、しっかり拭いた方がいい」と。しかし脱いでなるものか、脱ぐためにカバンを体から離したら最後、カバンを持っていかれる。
 カバンとられるか、背中にマヨネを付けたみじめな姿で歩くか… もちろん、喜んで後者を選ぶ。
 「いいからこのままで」と言ってその場を立ち去ろうとすると、なぜか外人さん、持ってたティッシュを全部くれた。
 道行く人たちが、「背中に何かついてるで」と、教えてくれるが、「いいから」と言ってそのまま歩いた。
 それにしても、いつ、つけられたんかな、あのマヨネ… まぁ、そんなもんか、背中だし、付けられてすぐに気づくものではないな。でも、大事なものとられんで良かった。

 というのが昨夜の話。昨日はバスチケットは失くすし、宿見つからんで夜中に町をさまようし、背中にマヨネつけられるわで、トラブル続きの日だった。

 今日は宿に3泊分チェックインした後、宿が意外と町の中心部にあることが分かったので、サグラダ・ファミリアとグエル公園に行くことにした。サグラダ・ファミリアは思ったほど大きくはなかった。近くに来ていた英語のガイドをちゃっかり聞いてみると、完成は2026年だとのこと。

 サグラダ・ファミリアの近くの公園でゆっくりしていると、変な感じの女3人が私の前に立つ。
「どこから来たの?」
と、カスティーリャ語で聞いてくる。
 
 来たよ来たよー、変な人たちが…

 肩をすくめて分からないふりをすると、英語で、

「旅行に来てるの? 英語分かる?」

と聞くので、「少し」と仕方なく答えると、

「私たち、あなたのために祈ってあげましょうか?」

と言う。ほらほら、これも詐欺の一種だよー。これは、

 押しつげがましくお祈りをしてあげた後で、法外な祈祷料(?)徴収詐欺

とみた。ここで、「ありがとう」などと言ってはいけない。お祈りされてしまう。

 で、思いっきり不機嫌な顔をして、「何もいらん!」と言うと、

「サグラダ・ファミリアの中には入った?」

としつこく聞いてくるので、「入るか、そんなとこ」と、これまた不機嫌な調子で言うと、こいつからはボレんな、と判断したのか、女3人は退散していった。
 スペインはフランスと違い、東洋系はかなり目立つのか、トレドでもそうだが、やたら変な感じの人に話しかけられる。気をつけねば。

宿の同室に、ものすごくお育ちのよい感じのフランス人女性がいた。少しフランス語で言葉を交わす。なんだかホッとするなぁ。

sagrada familia1 sagrada familia2 barcelona.jpg parc guell1 parc guell2
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。