FC2ブログ

旅行記8日目(2013年4月8日)


 今日はマドリッドを出てサラマンカに行く。地下鉄でMéndez Alvaro駅へ行き、バスセンターへ。12:00のサラマンカ行のバスに乗る。日本と違って荷物は自分でトランクに入れる。

 車窓からの眺めはフランスやイタリアのそれと似ている。何もない大平原だったり、草原で牛や羊が草を食んでいたり。
 車内では日本でタブーとされていることがすべて行われている。飲食。ケータイで通話。ヘッドホンからの音漏れなど。でもそんなスペインが好き。地下鉄で堂々とケータイを触れる。
 先進国というか、世界中の国の中で公共交通機関でケータイを触ってはいかん、と言っているのはおそらく日本だけだろう。実は、ケータイの電波が医療機器(特にペースメーカー)に悪影響を及ぼすというのは、全くのウソ。2005年あたりに厚労省だって、

 ケータイ電波の医療機器に対する悪影響について何の因果関係も(科学的に)認められない

と言っている。だいたい、そんな危ない機械なら国が、というか世界中で本腰入れて利用規制をかけるはずだ。都市伝説のようなことが完全に常識となってしまった祖国が残念でならない。

 サラマンカに到着。迷いながら(ケータイのGPSがずれてた…)目をつけていた宿に到着。1泊なんと9.5ユーロ!2泊でたったの19ユーロ。さすが地方都市、安さが半端ない。しかも朝食付き!受付のお姉さんが親切にも、見どころを案内してくれる。

 外に出てみる。まずするのは、サラマンカ駅に行って、次の目的地であるトレド行きを確認し、できれば切符を買う。

 なんと、サラマンカから直通でトレドへ行く方法はなく、いったんマドリッドを経由しなければならんのだそうな…しかも、マドリッド―サラマンカ間はバスより電車の方が安い…一昔前までは、電車よりバスの方が安かったのに、電車も世間の流れにあおられて値下げを頑張ったのか… まあいい、何事も最初からうまくはいかない。

 宿は6人部屋、2段ベッド。風呂トイレ共同だが、なんとバスタブがある。マドリッドの時はなかった。快適に過ごせそうだ。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。