FC2ブログ

旅行記6日目(2013年4月6日)


 今日は朝マックしてみる。ホテルの近くのマックでセットを頼んでみた。ヨーロッパ風のハードパンにはさまれたチキンバーガーとポテトとコーヒーのセット。スペイン語にも慣れてきた。

 写真ではハードパンに見えたが、食べてみると普通にやわらかいパンだった。味もよし。近くにイギリス人の集団が来ていた。そこへジプシー風の女がやってきて、

 「Sign, please」

よくある詐欺の手口だ。すると私の注文を笑顔でとってくれてたマックのおねいいさんが、つかつかとジプシー女に近寄り、女の袖をつかんで大声でまくしたてはじめた。

 「勝手に詐欺してんじゃね、はよ出てけ、こら!

と言ってるのは(おそらく)よくわかった。その後、さっきの笑顔に戻ってお子様の注文をとっていた。外人さんによくある、メリハリってやつだ。


 今日はマドリッド市の歴史的変貌がうかがい知れる、マドリッド歴史史料館(Museo de historia de Madrid)と、通信の歴史についての資料館(Historia de los telecomunicaciones)と、ポンペイ展(5/6までの特別展)を見に行く。

 ポンペイは好きだ。現地には2度行った。今回の展示品はイタリアのポンペイもそうだが、その他ドイツとか(あとは忘れた)イタリア以外の国に展示されている、ポンペイの遺跡・遺品が展示されていて滅多に見れないものばかりだった。特に、豚・犬・人の死体の型は興味深かった。

 夕方にPuerta del Sol近くの眼鏡屋に新しいメガネを取りに行く。前来た時に対応してくれたおばちゃんがいなかったので、別のお姉さんに対応してもらう。かけてもらうと少しきつい。直してもらう。うん、ちょうどいい。

「保証期間は2年ね」 とおねえさん。

そこへ前んときのおばちゃんがやってくる。

おばちゃん「Bien? (どお、いい?)」
私    「Si bien, gracias (ええ、ありがとう)」

 レンズと目の距離が若干前の眼鏡の時と違うせいか、レンズが新品でまったく傷がついてないせいか、ものすごくクリアに見える。大事に使おう。

 夕食はスーパーで買ったクスクスとイチゴ。
 明日でマドリッド滞在は最後だ。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。