FC2ブログ

イタリア旅行記 (経由地フランクフルトからローマへ) 12/21

 ルフトハンザの13時間にわたっての抜群な(?)サービスにへろへろになりながら、フランクフルトに到着。EUの入国審査へ。そう、ここはEU、うらやましい・・・ですが、極東にこのシステムを持ち込みたいとは思いません、だって、日本、中国、韓国、ロシア、モンゴル、台湾、将来的には北朝鮮の間で自由に行き来できるようになったら、日本の治安、めちゃくちゃ悪くなると思いません?

 それはさておき、入国審査ゲートへ近づくと、そこには長蛇の列(30人ほど)が。

 しかし、私と友人は楽観していました。

 だって、ここはドイツだもん、日本人と同じ、勤勉で時間厳守なドイツ人なら、こんな列サクッとさばくわ♪

 しかし、妙なのです。10分もたってようやく私の3人前ぐらいの人の順番が巡ってきました。

 ドイツなのに、たかがパスポートのチェックなのに遅い…

 といういら立ちと、おいしそうなコーヒーの香りに誘われて、審査官のほうを覗き込むと、

 なんと審査官のおっさん、コーヒー飲みながら同僚と談笑しているではありませぬか!!

 ここで、私のドイツに対するイメージがガラガラと崩れていきました、そして悟りました。

 ここは、EU、お気楽なヨーロッパなのよ。

 
 身を任せるようにして、ローマへの乗り換え便へ。そして今度もまたルフトハンザ 機内食の固いサンドイッチを完食し(だってもったいないから)、うつらうつらしていたところ、通路を挟んだ隣側から、悲痛な叫びが…

 悲痛な叫びの発信者は友人でした。なんでも、機内食に出たサンタさんのチョコレートを食べようとしたところ、猛烈な睡魔に襲われ、はたと気づくと、手の中で、サンタさんがグニョグニョになっていたというわけ。それでもサンタさんを放さない彼女を友人たちで説得して、ローマの空港で破棄させました…

 さて、ローマの空港からバスに揺られて30分ほどで、ホテルへ。テルミニ駅の真向かいにある、立地条件の良いホテルです。

 まだ21:00だったので、ローマの町に繰り出しました。とはいっても、治安が悪いようなので、テルミニ駅の地下街、フォーラム・テルミニへ。
 スーパーマーケットで、ワインとプリングルスを友人と購入して、ホテルへ。部屋に栓抜きがなかったので、ホテルのバーで開けてもらうことに。

 バーテンさんはこの道のプロなので、サクッと開けてくれると思ったのですが、なぜか苦戦されている模様。
 そのうち、妙な力が入って、コルクが中途半端にバキッ!と折れてしまいました。ありゃりゃ~という空気になったのもつかの間、バーテンさんがすかさず

 This is SPECIAL WINE!!

さすがラテン人、ポジティブだなぁと感心し、お墨付きのSPECIAL WINEもおいしくいただいた、楽しい楽しいローマの夜でした。

                                       つづく

 
スポンサーサイト

コメント

Theo #-

Italia 4 ever

J' espere que le vin etait bon ^^ Cela a rattrape le debut catastrophique du voyage !

2008年01月22日(火) 06時45分 | URL | 編集


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。